推奨プリント露光時間、リフト量及び、リフト速度

露光時間の目安

表1:XY軸解像度と投写画面サイズ

XY軸解像度 投写画面横 (mm) 投写画面縦 (mm) 投写画面サイズ(平方ミリ) *露光時間スケールファクター
26 microns 28 49.8 1,393.7 0.5
37 microns 40 71.1 2,844.4 1
50 microns 54 96 5,184 1.8
75 microns 81 144 11,664 4.1
100 microns 108 192 20,736 7.3
* 同じ積層ピッチに対し、露光時間は投写画面サイズに比例する。
* 電球が老化すると、露光時間を長くする必要があります。

表2:MakerJuice社製 G+ レジン推奨露光時間(秒)

Z層厚さ (μ)
100 microns 150 microns 200 microns 250 microns
37 microns 1.6 2.0 2.4 3.0
XY 軸解像度 (in microns) 50 microns 2.9 3.6 4.4 5.5
75 microns 6.6 8.1 10.0 12.3
100 microns 11.7 14.4 17.7 21.8

表3:Spot-A社製レジン推奨露光時間(秒)

3.1 ハード&タフ(HT)(青銅色)

Z層厚さ (μ)
35 microns 50 microns
37 microns 3.0 4.0
XY軸解像度 (in microns) 50 microns 5.5 7.3
75 microns 12.3 16.4
100 microns 21.9 29.2

3.2 ハード&タフ(HT)(グレー)

Z層厚さ (μ)
25 microns 35 microns 50 microns
37 microns 0.7 1 1.5
XY軸解像度 (in microns) 50 microns 1.4 2 3
75 microns 2.8 4 6

表4:Spot-A社製弾力性のあるレジン推奨露光時間(秒)

Z層厚さ (μ)
50 microns 100 microns
37 microns 2.4 3.0
XY軸解像度 (in microns) 50 microns 4.4 5.4
75 microns 9.9 12.1
100 microns 17.5 21.6

表5:3D-Materials社製ABSレジン推奨露光時間(秒)

Z層厚さ (μ)
50 microns 75 microns 100 microns
50 microns 0.8 1 1.3
XY軸解像度 (in microns) 75 microns 1.8 2.3 3
100 microns 3.2 4 5.2

表6:3D-Materials社製鋳造用レジン推奨露光時間(秒)

Z層厚さ (μ)
15 microns 25 microns 35 microns 50 microns
37 microns 0.5 0.7 1 1.35
XY軸解像度 (in microns) 50 microns 0.9 1.3 1.8 2.5
75 microns 2 2.9 4 5.5
100 microns 3.6 5 7.3 10

表7:Autodesk社製クリアレジン推奨露光時間(秒)

Z層厚さ (μ)
50 microns 100 microns
XY軸解像度 (in microns) 50 microns 2.5 3.6
75 microns 5.6 8.1
100 microns 10.0 14.4

Table 8: Suggested Exposure Time (in seconds) for Spot S-PRO Resin

Z Layer Thickness (in microns)
30 microns 50 microns 75 microns 100 microns
37 microns 0.7 1 1.5 2
XY Resolution (in microns) 50 microns 1.4 2 3 4
75 microns 3 4.5 6 8
100 microns 6.5 9 12 15

Table 9: Suggested Exposure Time (in seconds) for Spot-IC Resin (Under Economic Mode)

Z Layer Thickness (in microns)
30 microns 50 microns 75 microns 100 microns
37 microns 1 2 3 4
XY Resolution (in microns) 50 microns 2 3.8 5 7
75 microns 4 8 12 15
100 microns 8 16 24 30

Table 10: Suggested Exposure Time (in seconds) for 3DSR General (Black) Resin

Z Layer Thickness (in microns)
30 microns 50 microns 75 microns 100 microns
37 microns 0.6 1 1.5 2
XY Resolution (in microns) 50 microns 1.2 2 3 4
75 microns 2.5 4 6 7.5
100 microns 5 9 12 15

Table 11: Suggested Exposure Time (in seconds) for 3DSR Cast Resin

Z Layer Thickness (in microns)
30 microns 50 microns 75 microns 100 microns
37 microns 4 4.2 6 8
XY Resolution (in microns) 50 microns 6 8 11 15
75 microns 10 15 20 25
100 microns 16 30 40 50

Table 12: Suggested Exposure Time (in seconds) for 3DSR DX Resin

Z Layer Thickness (in microns)
15 microns 25 microns 50 microns 75 microns 100 microns
37 / 38 microns 1 1 2 3 4
XY Resolution (in microns) 50 microns 1.5 2 4 6 10
75 microns 2 4 8 10 12
100 microns 4 8 15 20 25

こちらの推奨露光時間はあくまでも目安です。一般的に、実際の露光時間は推奨時間よりも短いです。プリントは、ユニークなプリントパラメーターがあります。当社のソフトの「ベーシックモード(basic mode)」では、プリントを5つのゾーンに分けられ、其々のパラメーターを設定しております。

  1. ゾーン1:一層目の積層のみ(アタッチメント用)

    このゾーンは造形の中で一番重要なゾーンです。
    露光時間:
    ビルドプラットフォームとvatの床の間に隙間にちゃんとレジンが硬化するように、第一層の積層の露光時間は、通常の露光時間の10倍以上必要です。
    リフト量:
    大型ビルドプラットフォーム:7mm
    小型ビルドプラットフォーム:5mm
    リフト速度: 10mm/min

  2. ゾーン2:残りのベース積層
    これはサポート以前の積層です。総厚さはおよそ0.3mmです。
    露光時間: 
    一層目の半分
    積層の数:
    積層ピッチによります。例えば、ベースが0.3mm、積層ピッチが0.05mmの場合、積層数は6層です。一層目はゾーン1のアタッチメントで、残りの5層はゾーン2になります。
    リフト量:
    大型ビルドプラットフォーム:7mm
    小型ビルドプラットフォーム:5mm
    リフト速度: 10mm/min

  3. ゾーン3:造形物最初の2mm(大型ビルドプラットフォーム)/1mm(小型ビルドプラットフォーム)を構成する積層
    このゾーンでは、サポートが含まれていますので、強度が必要です。
    露光時間: 
    ゾーン2の半分
    積層の数:
    積層ピッチによります。例えば、積層ピッチが0.05mmの場合、最初の2mmのプリントは40層で構成されています。もしベースが6層であれば、残りの34層はこのゾーン3になります。
    リフト量:
    大型ビルドプラットフォーム:5mm
    小型ビルドプラットフォーム:3.5mm
    リフト速度: 15mm/min

  4. ゾーン4:サポート+造形物最初の積層
    露光時間:
    ゾーン3と同じ
    もし、サポートが細く、または造形エリアの中側にサポートがある場合、露光時間を2倍に設定
    リフト量: 3.5mm
    リフト速度: 15mm/min

  5. ゾーン5~7:サポートと造形物の積層
    露光時間: 
    積層の間に線が出ないように、段々と下げてください
    リフト量: 2~5mm
    リフト速度: 15mm/min

  6. ゾーン8:造形物の積層
    露光時間:
    通常の時間
    リフト量: 2~5mm
    リフト速度: 15mm/min

露光時間は上記の表の推奨露光時間からの予想値です。リフト量は3mm、リフト速度は造形サイズによって約15mm/minになります。露光面積が大きい場合、リフト速度を下げることがおススメです。小型の造形物はもっと速い速度でプリントできます。

リフト速度はレジン容器のテフロンシートに影響(反り)を与えます。リフト速度が速すぎると、特に露光面積が大きい場合、テフロンシートは圧迫され、持ち上げられてしまう恐れがあります。不規則な造形物はこの影響にあまり反応しません。反りを防ぐには、リフト速度を下げてください。繊細な造形(例:オーバーハング角、医用生体工学用の組織修復スキャフォールド)には、ゾーン5~8の露光時間を増加し、硬化した樹脂の強度が上がります。