FAQ

FAQ2018-03-22T10:54:53+00:00

Kudo3D よくある質問

スターターキットには、容器とIPAアルコール以外、基本的に必要なものが含まれています。レンズダスター、ダストブロワー、シリコン製ファンネル、キャリブレーション用定規、ブレード、ヘラ、カッター、レベル、スクリュードライバー、ピンセット、レンチが含まれています。
発注してから24時間以内にご入金をお済ませください。
お支払いには2つの方法があります。

1. 1. 銀行振込: オンライン発注の際、「銀行振込」をお選び頂けます。
ご入金が確認されるまでに、ご注文の状態は「保留中」と表示されます。 ご注文後の24時間以内に、ご入金手続きをお済ませくださるようにお願いいたします。

2. オンライン決済:
PayPal決済をご利用のお客様は、クレジットカードでお支払いできます。

レジに進む前に、当サイトにご登録、またはログインすることをご推奨します。マイアカウントにてご注文の状態をご確認頂けます。Kudo3Dのアカウントにログインせずにご発注された場合、ご注文確認メールをご送付しますが、当サイトにてご注文の状態を確認することはできません。

オンライン発注の際、「銀行振込」をお選びください。発注手続きが完了次第、「マイアカウント」にてご注文をクリックし、注文詳細のページにてお振込先口座番号をご確認頂けます。「ご注文確認メール」でもご案内いたします。ご注文後の24時間以内に、ご入金手続きをお済ませくださるようにお願いいたします。

ご入金が確認されるまでに、ご注文の状態は「保留中」と表示されます。

振込手続きを完成しましたら、注文番号をご連絡願います。ご入金を確認次第、ご注文の状態を更新させて頂きます。

新規注文の場合、「購入する」をクリックすると、注文手続きが未完成でも、システム上で注文データが作成されます。PayPal決済をご利用のお客様は、お支払い手続きが完了するまで、注文の状態は「処理中」と表示されます。「キャンセル済」と表示されている注文は無効です。
はい、商品が出荷される前にはキャンセル/変更可能です。注文番号をご連絡ください。商品が出荷された場合、キャンセル/変更はご対応しかねますので、ご了承ください。
はい、海外へも発送可能です。送料は配送先により異なります。
ご注文を確認する際、「国」の選択リストにお住みの国が記載されていない場合、当社にご連絡ください。送料のお見積りをさせて頂きます。
お支払/ご入金が確認されてから約2週間後、出荷いたします。
タイタン1の積層は一次元のレーザー描画ではなく、二次元的に形成されているので速いです。当社特許出願中の受動自己剥離技術は、硬化層の間に分離力を低減させ、高速の鍵となっています。
プロジェクターを移動せずにちゃんとキャリブレートされていれば、非常に正確にプリントできます。高精度のプリントについては、非常に低い収縮率を持つ樹脂が必要になります。
タイタン1は、印刷中、ほとんどの時間も非常に静かです。分離力が大きい場合に樹脂(レジン)容器の音が聞こえることがあります。においはご利用の樹脂の種類によって違います。あまりにおいがない樹脂もあります。オープンエリアにてプリンターを使用することをお勧めします。
メインテナンスコスト削減を叶えるように、既製の部品と機構をモジュール化することによって3Dプリンターを開発しました。さらに、全体の部品および可動部品の数を減少させました。最も高価な部品は、大手メーカーからの購入品のLMガイドアクチュエータとプロジェクターですが、修理が滅多に必要ないです。当社特許の受動自己剥離技術で独自開発の樹脂容器(PSP)だけ、Kudo3Dで生産しております。
両方も110-240VとAC 50/60 Hzで使用できます。ただ、当社は世界中からご注文を受けていますので、お客様の方でアダプターを購入する必要があります。ご了承ください。アダプターのリストは出荷前にご提供いたします。
Form 1は伝統的なステレオリソグラフィー(SLA)方式、いわゆるレーザーショーのように、レーザーと二枚のミラーで樹脂に画像を投影しています。

一方、タイタン1は、DLP式プロジェクターで樹脂に2次元投影しています。この技術により、樹脂の露光時間を短縮できます。可動部品の数が少ないです。プロジェクターは、信頼性の高い市販のものですので、安定性も高く、複雑な較正が必要な受注設計生産のプロジェクターよりメインテナンスが簡単です。ネイティブのピクセルサイズを37から100μの間で調整できます。Form 1は一定なピクセルサイズ(300μ)で印刷されていますので、ファインジュエリーの作品には物足りません。

また、タイタン1は、柔軟性のあるレジン容器(VAT)と、特許出願中の受動自己剥離技術(PSP)が搭載されています。この技術は、分離力を最小化にし、Form 1が実現できない大面積のプリントが印刷できます。

要するに、タイタン1はForm 1がプリントできる造形は全て、印刷できます。しかし、Form 1はタイタン1のように、大きいな造形や高解像度のプリントは印刷できません。

唯一の違いは、デザインです。両方とも同じく高品質のアクリル材で作られています。
冷却ファン側からは最低限、6インチの空きスペースを確保してください。他の方は、2インチぐらいのスペースが必要です。プリンターは、ボックスなどの密閉空間では始動しないでください。

できるだけ広い開きスペースを確保することにより、プロジェクターとプリンターの部品の寿命を延ばすこともできます。

192 mm x 108 mmのビルドサイズでのスペースが非常に狭い為、他のプロジェクターが搭載できることは保障できません。プロジェクターなしで販売しておりません。ご了承ください。
プロジェクターをフレームに固定させるネジは3本あります。z方向を移動せずに元に戻せると、エラーが出る可能性は極めて小さいです。プロジェクターを上下に移動しても、投写画面サイズを較正すれば大丈夫です。プロジェクターを組立てる際、投写画面サイズが変更していないことをご確認ください。それはエラーが出る原因になります。もしそのサイズをうまく較正できない場合、プリントの品質に影響はないが、造形のサイズは変わってしまう可能性があります。
プロジェクターのUVフィルター及び光重合開始剤によって400nmで硬化されています。樹脂は、 365~420 nmの波長の光に感度を持っています。
解像度は、テフロンシート上の投写画面サイズを測定しながら、プロジェクターの位置を調整することによって決められます。投影範囲のサイズは焦点または、ズームで変更できます。ズームを真ん中に残し、プロジェクターをご希望の解像度まで動かします。投写画面サイズは定規で測定できます。プリンター購入時、キャリブレーション用のグリッドをご提供いたしますので、ご利用頂ければサイズ測定が楽になります。37μと100μの解像度のところに標記しております。
いいえ、他社製の樹脂容器は対応できません。
樹脂容器を洗浄すれば再利用できます。もちろん、新品をご購入頂けます。
一般的な造形サイズの場合、30~50プリントが平均のプリント数です。小さめな造形では、もっと数多くプリントできます。
100~200 mLのレジンがおススメです。

レジンを追加したい場合、容器内の半分を使ったら、PSP容器の側面から入れてください。

400nm 光造形式(SLA)プリンターのために設計されているレジンのほとんどに対応できます。鋳造用、ハード/工業用、ABSのようなレジン、高耐熱性等のレジンで試作しました。より多くのレジン種類を入荷する予定です。
はい、何種類の鋳造用レジンで試作しました。ギャラリーをご参照ください。鋳造用レジンも当社からご購入できるように予定しております。

およそ6ヶ月です。涼しく、光の届かない場所に保管すれば、6ヶ月以上保存できることができます。

ソフトシリコン製レジン容器 (vat):

ソフトシリコンとテフロンシートの付着力はハードシリコン製レジン容器より強いです。

長所: 小さ目の造形物に対する分離力が低く、よりキレイな表面に仕上がります。
短所: テフロンシートに反りが発生しやすいです。

こちらのVATは平らな面のある造形物には不向きです。 ジュエリーやミニアチュア等の小物をプリントしたい初心者におススメです!

ハードシリコン製レジン容器 (vat):

ハードシリコンとテフロンシートの付着力はソフトシリコン製レジン容器より弱いです。

長所: テフロンシートの反りが少ないです。

短所:分離力が高く、テフロンシートが剥離する恐れがある為、リフト速度を下げて作業してください。

平らな面のある造形物におススメです!

テフロンシートの寿命は分離力に左右されます。分離力を低くする一番簡単な方法はリフト速度を下げることです。

印刷の際、複数の造形の間にレジン容器を交換する必要はありません。1つの容器で何個でもプリントを製作することができます。
2つのビルドプラットフォームを持つと、硬化処理時間が短縮できます。
解像度37μでは70mm x 40mm x 240mmのプリントができます。
解像度100μでは192mm x 108mm x 240mmのプリントができます。
日光で硬化処理する場合、UVランプは不要ですが、時々造形を回転したほうがいいです。Kudo3DのUVランプはより強烈なUVライトを与えられますので、硬化速度を向上させます。また、内部ミラーで均等に硬化させることができます。
手動で追加することがおススメです。市販のソフトでは、サポート材を追加する場所、量と厚さを正確に設定できるものがありません。
現在、オープンソースのファームウェアを搭載したオープンソースソフトウェアを使用しています。当社は、将来的にソフトウェアをアップグレードすることを計画しています。ただし、プリンターをより自主的に制御したい人には柔軟に対応しております。お客様ののニーズに応じて変更している当社のソフトを使用するか、またはソフトを自分で変更することもできます。
一部のメールサーバーは、スパムとして確認メールをブロックします。パスワードリセットのメールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。迷惑フォルダにメールがない場合、ご連絡ください。